消費者金融の利用と信用保証協会保証付融資

投稿日:

ホーム銀行融資と経営者の関係>消費者金融の利用と信用保証協会保証付融資

質問
先代社長より引き継ぎ、現在会社の代表取締役を務めさせていただいております。
今回、東京信用保証協会つきの融資を三菱UFJ様へお願いする予定です。
過去にも保証協会つきにて借り入れの実績はあるのですが、今回は今までと違い、私個人のノンバンク借り入れができてしまった状態です。
簡単に申しますと、消費者金融にて個人的な借金ができてしまったのです。
提出する書類の中に、信用保証委託契約書という書類があるのですが、その連帯保証人の欄に私と会長がサインすることになっております。【今までもそうでした。】
今回の融資について、私個人の借り入れが原因で保証協会から融資を断られる可能性はございますか?
保証人として名前を記載する場合は私個人の借入状況は調査されるのでしょうか?

回答
ご質問の内容から判断しますと、貴殿は既に連帯保証人として信用保証協会の保証付融資を受けていられるということですよね。
このことを前提にしますと、今回の信用保証協会の保証付融資の利用にあたって貴殿の個人信用情報は照会されることはありません。
したがって貴殿の消費者金融の利用が判明することはありませんので、このことが原因で融資が断られるということにはなりません。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資と経営者の関係

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.