住宅ローン利用後の転職

ホーム住宅ローンと転職>住宅ローン利用後の転職

住宅ローンを利用後、転職した場合、現在利用している住宅ローンに関し、一括返済などのペナルティを受ける恐れがあるのかがこの記事のテーマです。

結論から申し上げて、まったく心配する必要はありません。
住宅ローンを利用するには銀行の審査がありますが、銀行の審査というのは、あくまでも申し込み時点の情報や事実をもとに銀行が「勝手に」判断するものです。





「あくまでも申込み時点」の収入状況や他の借入金有無、担保価値などを銀行は総合的に判断して審査しているのであって、住宅ローンの利用中はずっとその審査時点の状況を維持しなければならないわけではありません。

言い換えれば住宅ローンの審査はその後、個人が仕事を転職してはいけないなどと拘束するものではありません。
また転職した事実を銀行に報告する必要もありません。
もちろん伝えても問題はないですが、仮に銀行に転職したことを伝えたとしても、住宅ローンを延滞もせずきちんと返済している限りは何ら銀行が対応することもありません。

転職後は勤続年数などの関係から、住宅ローンの利用が難しくなるのが一般的ですから、住宅ローンを検討されていて、同時に転職も考えている方は、転職前に住宅ローンの申込みをされることをおすすめします。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%