官報情報があると融資は受けられませんか?

投稿日:

ホーム個人信用情報に関すること>官報情報があると融資は受けられませんか?

官報情報とは自己破産が代表例のように債務の支払いが不可能であった、あるいは今のそのような状態であることを示しています。
融資は当然ながら最後まで返済してもらうことが絶対条件です。
このような融資の考え方に基づくと、債務の支払いに大きな疑義がある場合には融資を検討することが実態として不可能です。
官報情報は10年間、個人信用情報に登録されることになっていますが、この官報情報が掲載されている間は新規の融資を受けることは事実上、不可能です。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-個人信用情報に関すること

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.