官報情報があると融資は受けられませんか?

ホーム個人信用情報に関すること>官報情報があると融資は受けられませんか?





官報情報とは自己破産が代表例のように債務の支払いが不可能であった、あるいは今のそのような状態であることを示しています。
融資は当然ながら最後まで返済してもらうことが絶対条件です。
このような融資の考え方に基づくと、債務の支払いに大きな疑義がある場合には融資を検討することが実態として不可能です。
官報情報は10年間、個人信用情報に登録されることになっていますが、この官報情報が掲載されている間は新規の融資を受けることは事実上、不可能です。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達