契約社員だから住宅ローンの金利が高い?

更新日:

契約社員だから金利が高いことはない

正社員ではなく契約社員とか派遣社員であると住宅ローンの金利が高いなどという情報がありますが、そんなことは決してありません。
住宅ローンの金利には各種の金利優遇制度が銀行ごとに設けられていますが、正社員と契約社員の場合で適用される優遇制度が異なるということはありません。
ましてや契約社員は正社員よりも金利が高く設定されるということもありません。
住宅ローンの金利優遇制度は雇用形態による差異は一切ありません。
住宅ローンの金利優遇制度としては、給与振込の有無や公共料金引落の有無、頭金の多い・少ないなどであって雇用形態による違いはまったくありません。

もっとも正社員と契約社員では住宅ローンの審査そのものに影響する場合があります。
住宅ローンの審査項目の1つに収入の安定性があります。
この審査項目においてはどうしても契約社員は正社員に比べて収入の安定性が劣ります。
ただ一口に契約社員と言っても勤続年数は相当の年数にのぼる方も多くいらっしゃいます。
このような場合は住宅ローンの審査において収入の不安定性はそれほど気にする必要はありません。
最近では契約社員や派遣社員向けに弾力的に審査する住宅ローンも増えています。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-住宅ローンと契約社員・派遣社員
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.