契約社員だから住宅ローンの金利が高い?

ホーム住宅ローンと契約社員・派遣社員>契約社員だから住宅ローンの金利が高い?

正社員ではなく契約社員とか派遣社員であると住宅ローンの金利が高いなどという情報がありますが、そんなことは決してありません。

住宅ローンの金利には各種の金利優遇制度が銀行ごとに設けられていますが、正社員と契約社員の場合で適用される優遇制度が異なるということはありません。
ましてや契約社員は正社員よりも金利が高く設定されるということもありません。

住宅ローンの金利優遇制度は雇用形態による差異は一切ありません。
住宅ローンの金利優遇制度としては、給与振込の有無や公共料金引落の有無、頭金の多い・少ないなどであって雇用形態による違いはまったくありません。





もっとも正社員と契約社員では住宅ローンの審査そのものに影響する場合があります。
住宅ローンの審査項目の1つに収入の安定性があります。
この審査項目においてはどうしても契約社員は正社員に比べて収入の安定性が劣ります。

ただ一口に契約社員と言っても勤続年数は相当の年数にのぼる方も多くいらっしゃいます。
このような場合は住宅ローンの審査において収入の不安定性はそれほど気にする必要はありません。

最近では契約社員や派遣社員向けに弾力的に審査する住宅ローンも増えています。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%