代取宛の多額の貸付金は銀行融資にマイナス

ホーム銀行融資の受け方>代取宛の多額の貸付金は銀行融資にマイナス

中小企業の決算書で時々見受けられるものの1つに代取に対して多額の貸付金があるケースです。
代取の自宅購入のために会社の資金を貸し付けているのであればまだ良いのですが、多くの場合には使途が不明なことがほとんどです。
実際は会社の経費であるにもかかわらず、過度な接待交際費などを代取宛の貸付金として処理している場合などです。
いずれにしても会社の本業には直接関係しないところに資金が流出していることに間違いはありません。





ところで銀行融資は会社の事業に必要な資金に対応するものです。
その点において貸付金が多いと銀行としては融資が事業の資金に使用されるのではなく、新たな代取宛の貸付金として使用されることを危惧します。
銀行としては融資が事業以外に流用されることを黙認することは出来ないのです。
銀行融資が直接、代取宛の貸付金に向かわないとしても、代取宛の貸付金が増加していれば、結果として銀行融資が代取宛の貸付金に流用されたと見なします。

過度な交際接待費など現実には必要性が認められるケースもあるとは思いますが、少なくとも銀行融資の判断にはマイナスに働きます。
顧問税理士さんなどの相談して、代取宛の貸付金を減少させる方策をご検討ください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%