銀行融資交渉塾6 融資希望額を明確に伝える

ホーム銀行融資の交渉>銀行融資交渉塾6 融資希望額を明確に伝える

銀行融資の交渉において避けたいポイントの1つに融資希望金額があいまいなことがあります。
つまり「借りられるだけ借りたい」というようにいくらの融資を必要としているのかが明確になっていない場合です。
銀行員としては「借りられるだけ借りたい」と言われて、「どのくらい貸せるかな~」などと考えることはありません。
「借りるだけ借りたい」と言われれば、「この会社(人)は計画性がなく、返す意思も乏しい」などと大きなマイナス要因として銀行員は捉えます。
こうなるとどれだけりっぱな書類を提出しても、入り口で銀行融資を断る結論がほとんど出来てしまっています。





このようなことにならないように、銀行融資の希望金額は明確に伝えましょう。
とても無理だとたとえ思ったとしても、あいまいに伝えるよりははるかにベターです。
全体の必要資金量はいくらなのか、そのうち自己資金にてどれだけ充当できるのか、したがって融資の必要金額はいくらなのかを明確に伝えるのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達