契約社員の場合はいつから住宅ローンが利用出来ますか?


ホーム住宅ローンと契約社員・派遣社員>契約社員の場合はいつから住宅ローンが利用出来ますか?

契約社員の人はいつから、つまり勤続年数がどれくらいになってから住宅ローンが組めるのでしょうか?
これは銀行の住宅ローン審査の考え方と関係があります。

銀行の住宅ローン審査はいろいろな項目がありますが、もっとも重要視しているのが収入の安定性です。
住宅ローンはご存知の通り、非常に長期間の融資です。
お金を貸す側の銀行から見れば、長期間にわたって返済をしていただかないといけない融資商品ですから、何よりも将来にわたって安定的な収入が見込めるかどうかが非常に大切なのです。

その点、契約社員は文字通り雇用契約の期間が定められている仕事ですから、雇用期間が終了すれば最悪「職を失う=収入を失う」ことになります。
つまり収入の安定性が弱いのです。
ここが住宅ローン審査において問題視されるところなのです。

もっとも契約社員といっても雇用契約の更新が繰り返されれば、雇用形態は「契約社員」であっても、その後も契約更新が行われて長期にわたり雇用される可能性が高くなります。
そうなれば収入の安定性が認められることになります。

銀行の住宅ローン審査の実務においては、3年程度の雇用の実績があれば収入の安定性を認め、住宅ローンを利用いただくことで審査を進めています。

それでは契約社員になったばかりの人や雇用期間が3年未満の人は住宅ローンが一切無理なのかといえば、必ずしもそうではないのです。
実際の実例においても契約社員なりたての人に住宅ローンを利用いただいたケースは決して少なくありません。

実例においては一定の契約社員としての実績をつめば、その後は正社員として採用される場合や、その人の今までのスキル状況から、契約が更新され長期間にわたって雇用される可能性が高いと客観的に判断出来る場合に、住宅ローンを利用いただいているケースが多いと思います。

契約社員になった人で住宅ローンの利用を検討されている場合は、申込みを行う銀行にご自身のスキルを十分に説明し、今後も長期にわたって働くことが出来ることをアピールしてください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト