所要運転資金と資金使途

ホーム運転資金に関すること>所要運転資金と資金使途

銀行はお客より運転資金の融資相談を受けた時に、このお客の所要運転資金はどの程度かを気にしています。
所要運転資金は下記の計算式にて求めることが出来ます。
所要運転資金=売掛債権+棚卸資産-買入債務

相談があったお客向けの運転資金融資残高がこの所要運転資金の範囲内であれば、追加の運転資金は検討しやすくなります。
逆にお客向けの運転資金融資残高がすでに所要運転資金の範囲を超えている場合には、理論的にはこのお客は既に十分な運転資金が確保されているとのことになりますから、追加の運転資金融資は検討しにくくなります。
なぜなら追加の融資は実は運転資金ではなく、その他の使途が目的であると考えることが出来るからです。
赤字による資金不足の補填であったり、投融資が目的であったり。



そのため銀行としてはなぜ運転資金が必要なのか、実態として何に使う目的なのかをお客へのヒアリングなどを通じて調査を行います。
赤字による資金不足の補填だからといって、一切融資に応じないということではありませんが、どうしても慎重な審査姿勢になりますし時間も要します。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。