関連会社への異動と住宅ローン審査の関係


ホーム住宅ローンと転職>関連会社への異動と住宅ローン審査の関係

勤続年数が短いと住宅ローンの審査がなかなか通らないという話を耳にされたことがあると思います。
これは住宅ローンは超長期の銀行融資であるため、何よりも利用者個人の収入の安定性を住宅ローンの審査では重視しているからです。
転職して間もない状況では、申し込んだ人の収入が今後も安定的に推移するのかどうか一般的には確かではないため、住宅ローンの審査が「なかなか通らない」ということになるのです。

それでは大企業や中堅企業に勤めている方に多いと思いますが、関連会社に異動することが勤続年数の関係から住宅ローンの審査に影響すると思いますか?
関連会社に異動することによって、勤続年数はゼロになるわけですから気にされる方が多いようです。

しかし関連会社への異動については全く気にされる必要はありません。
厳格に言えば、関連会社への異動により勤続年数はリセットされてしまいますが、これは住宅ローンの審査上では転職ではありません。
広い意味の社内での人事異動です。
関連会社へ異動したことによって給与水準が下がることはあるかもしれませんが、転職とは異なり収入の安定性には影響しないはずです。
ですから、銀行の住宅ローン審査においては関連会社などへの異動による勤続年数のリセットは問題視していないのです。

銀行の住宅ローン審査においては銀行の関連会社である住宅ローン保証会社が保証の審査を行いますが、保証会社で審査している人の大半は本体の銀行から異動した人です。
ご安心を。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト