個人で開業するための銀行融資を受けたい

ホーム起業・創業融資の申込み>個人で開業するための銀行融資を受けたい

個人で開業するための資金を銀行は創業融資として対応をしています。
そしてこの場合、信用保証協会の保証付融資にて対応するのが原則となっています。
開業内容や事業計画、自己資金の準備状況などの審査に加えて、個人の場合には個人信用情報調査や市民税などの滞納がないかどうか、それまでの個人の信用状態も審査の対象となります。

どれだけりっぱな開業後の事業計画であったも、税金を現在滞納しているとか、クレジットカードの支払いが何度も遅れているなど個人の信用状態に懸念がもたれる状況であるとなかなか審査が通らないのが現実です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。