個人で開業するための銀行融資を受けたい

投稿日:

ホーム起業・創業融資の申込み>個人で開業するための銀行融資を受けたい

個人で開業するための資金を銀行は創業融資として対応をしています。
そしてこの場合、信用保証協会の保証付融資にて対応するのが原則となっています。
開業内容や事業計画、自己資金の準備状況などの審査に加えて、個人の場合には個人信用情報調査や市民税などの滞納がないかどうか、それまでの個人の信用状態も審査の対象となります。

どれだけりっぱな開業後の事業計画であったも、税金を現在滞納しているとか、クレジットカードの支払いが何度も遅れているなど個人の信用状態に懸念がもたれる状況であるとなかなか審査が通らないのが現実です。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-起業・創業融資の申込み

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.