銀行融資に提出する領収書について

ホーム設備資金に関すること>銀行融資に提出する領収書について

工場で使用する機械を購入する、店舗に内装工事を行うなどいわゆる設備投資に伴う資金は銀行融資の対象となります。
そして設備資金として銀行融資を受ける際にはあらかじめ、必要な金額が明記されたもの、例えば見積書などを提出する必要があります。
銀行は見積書など提出された資料をもとに銀行融資の審査を行い、融資の実行後は確実に設備投資に融資金額が使用されたことを確認するために支払いのエビデンスとして領収書の提出を求めます。

そしてその領収書は事前に提出された見積書通りの金額でなければなりません。
ところが銀行に見積書を提出した後に、値引き交渉などを行い、結果として見積書よりも低い金額で契約を結んだ場合、それに基づく領収書の金額は当初よりも小さい金額となります。
この場合、当初よりも小さい金額の領収書を銀行に提出した場合、どうなるのか・・・。





領収書の金額は銀行融資の金額よりも大きい場合には、銀行としては少なくとも融資金額は全額、設備投資に使用されたことが確認することが出来ますから、まだ大丈夫です。
問題は領収書の金額が銀行融資の金額よりも少額の場合です。
この場合には、設備投資に使用されることを前提に融資をした資金の一部が、別の使途に流用されたことになり、これは大きな問題となります。
厳しい場合には資金使途違反として融資全額の一括返済を求められることになります。
融資全額の一括返済を求められない場合でも、他の使途に流用された金額は返済することが求められることを覚悟する必要があります。
そしてもっとも大きな影響としては銀行からの信頼を失ってしまうことになります。

当初の金額から変化がある場合には、少なくとも銀行融資を受ける前に銀行に伝えることが極めて重要です。
「まあ、いいか」と軽く考えると後で思わぬしっぺ返しを受けることになります。





◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%