住宅ローンの団体信用生命保険と連帯保証人の関係

更新日:

団体信用生命保険とは

住宅ローンを利用する方の多くが団体信用生命保険に加入していると思います。
団体信用生命保険はご存知のとおり、住宅ローンの利用者が万が一死亡した場合、住宅ローンの残債を保険金にて一括完済する仕組みです。

住宅ローンの連帯保証人

ところで住宅ローンの多くは連帯保証人なしで借入する場合が多いのですが、収入合算とか購入物件を共有名義で購入する場合などに収入合算者や共有名義の一方の人を連帯保証人になっていただく場合があります。
連帯保証人とは住宅ローンの借入人が返済不能となった場合、代わりに返済する義務を負う人ですが、団体信用生命保険との関係で問題となるのが、住宅ローンの借入人が死亡した(=返済不能)場合、団体信用生命保険の保険金で住宅ローンは完済されるのか、それとも連帯保証人に請求されるか、ということです。
結論は団体信用生命保険の保険金にて住宅ローンは完済され、連帯保証人には一切請求されません。
連帯保証人に住宅ローンの返済が請求されるケースとしては、住宅ローンの借入人は生存しており、かつ住宅ローンの返済が滞っている場合などです。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-住宅ローンと連帯保証人
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.