妻が住宅ローンの連帯保証人となることのリスク

更新日:

ホーム住宅ローンと連帯保証人>妻が住宅ローンの連帯保証人となることのリスク

住宅ローンでは連帯保証人は不要の場合が多いのですが、例えば夫が住宅ローンを利用するにあたり、妻の収入を合算する場合や購入する住宅を夫と妻の共有持分とするような場合には妻を連帯保証人として徴求します。

連帯保証人というのは住宅ローンの債務者、つまりここでは夫が返済不能となった場合、夫に代わり妻が返済する義務を負うことを意味しています。
したがって住宅ローンの返済が不能とならない限り、妻に返済する義務は発生しません。

そして住宅ローンでは一般的に団体信用生命保険に加入しますから、万が一、夫が死亡しても残った住宅ローンは保険金によって完済されますから妻に返済義務は発生しません。

もっとも問題になるのは不幸にも離婚した場合です。
連帯保証人というのは夫婦の婚姻関係にはまったく関係なく独立した義務です。
したがって離婚すれば妻は連帯保証人から外れるということは一切ありません。
離婚して元夫が返済不能となれば、連帯保証人である元妻に返済義務が発生します。

連帯保証人となる妻は離婚しても連帯保証人の義務はなくならないということは覚えておいてください。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローンと連帯保証人
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.