建設業の運転資金融資申し込み方法

ホーム業種別の銀行融資>建設業の運転資金融資申し込み方法

建設業は運転資金が必要な業種であると銀行は見ています。
なぜなら人件費や材料費、外注費を中心にして建設工事の施工に必要な経費負担が日々あるのに対して、工事代金の回収は受注先から全額前受金が入る場合は稀で建設工事着手時や中間など後受けで回収となることが多く、工事代金回収までの間に資金の立替が発生するからです。

建設業から運転資金融資の申し込みを受けた場合、銀行はまず貸借対照表から所要運転資金がどのくらいかを把握しようとします。
これは他の業種と同じ手順です。
所要運転資金は【売掛金+受取手形+在庫-支払手形-買掛金】の算式にて容易に求めることが出来ます。
所要運転資金を把握したうえで、今度は現在の運転資金借入はどのくらいかを銀行は考えます。
つまり現在の運転資金借入額が所要運転資金の範囲内であれば、【所要運転資金-既存の運転資金借入額】は「まだ出せる運転資金」ということで銀行は融資検討がしやすくなります。
このような状態であれば決算書と足許の試算表および建設工事受注明細があれば銀行は前向きに運転資金融資を検討します。
もっとも過去の決算あるいは足許の業況が赤字である場合には、やはり銀行は融資に慎重姿勢となります。
このような状況であれば、今後の業況の改善見通しの説明を加える必要があるでしょう。

もっとも建設業の運転資金は1つ1つの工事受注によって発生するものですから、1つの工事受注毎に必要な運転資金を求め、それに対応して工事の施工期間に合わせて運転資金の融資を支援する考え方もあります。
業績が今一歩の場合には、銀行はこの考え方に基づいて個別の工事受注に対応する運転資金を短期にて対応する傾向があります。
「業績が心配だからとりあえず短期で収束する融資とする」という考え方です。





次に現在の運転資金借入額がすでに所要運転資金を上回っている場合です。
この状況の示すところはすでに必要な運転資金の調達は済んでいますから、なぜまだ運転資金が必要なのかを銀行は疑問に持ちます。
建設工事受注で赤字のものがあり、その補填に融資の一部が流用されているのではないかとの懸念を持ちます。
工事に伴う立替資金以上の運転資金借入があるということは、さきほどの赤字工事の補填や他の使途への流用が懸念されますから、銀行としては融資に慎重な姿勢となります。

なお建設業の特徴として、大きな工事を受注すると立替金額が多額になることに加え工事施工期間が長期間になる場合があります。
このような場合には運転資金需要は一時的に増大します。
こういった状況においてはこの大型工事受注に限定した立替負担を銀行は運転資金として融資を検討することがあります。
つまり運転資金の対象を特定の受注工事に絞り込み、この工事施工に必要な資金立替負担部分を融資として支援する仕組みです。
融資期間は対象となる受注工事による代金が入金されるまでの間となりますから、このような融資を申し込む場合には、対象となる受注工事の契約書の提出が必要です。
銀行は提出された契約書に記載されている工事代金の回収時期や受注金額等を見て、融資金額や融資期間を決定します。

また全体として売上は横ばい、あるいは低下傾向にあるにも関わらず所要運転資金を上回る運転資金が必要な場合があります。
この場合は表向きは運転資金融資であっても、実態は運転資金以外の使途に融資が使用される可能性が高いと銀行は考えます。
赤字による資金繰りの悪化の補填であったり、現在の借入金の返済負担が重いため資金繰りを維持する必要がある場合などです。
こういう状況である場合には銀行は融資に慎重な姿勢となりますから、最低限今後の資金繰りの見通しを示す資金繰り予定表を作成して提示しましょう。
今回の運転資金融資にて当面の資金繰りが維持されるということがわかれば、銀行は融資先の事業を継続させるために最低限の資金繰り支援の融資には応じようと考えるものです。
さらにこのような場合には主力行など日頃から取引が厚い銀行に相談しましょう。
取引が薄い下位の銀行に相談しても「主力銀行さんに相談されましたか?」などと謝絶される可能性がありますから。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%