銀行融資・資金調達にお悩みの方へ

ホーム資金繰りの悩み事例>銀行融資・資金調達にお悩みの方へ

事業を始める、事業を継続していくには資金が必要です。
中小企業・個人事業主の方にとってその資金を調達する代表的な方法は銀行からの融資です。
中小企業・個人事業主の方にとっては信用保証協会がなじみがあるかと思いますが、これも銀行融資の1つです。

しかし銀行から融資を受けるには当然ですが審査があります。
同様に信用保証協会の保証を得るにも審査があります。
決算が赤字であったり、債務超過である、あるいは既に相当の銀行融資を受けておりこれ以上の借入が難しい、担保がないので借入が難しいなど、資金調達がスムーズにいかない悩みは資金繰りに直結します。
資金繰りが行き詰ってしまえば、その時点で事業活動は停止してしまいますから事態は深刻です。
銀行は足許の業績だけではなく、経営者個人の資産背景や事業の将来性など審査の考え方を工夫してはいますが、なかなか思い切った融資姿勢はやはり難しいのが現実です。





銀行融資が難しい場合、返済猶予など別の手段がありますが返済猶予はその後、事実上新たな銀行融資が難しくなるなどいろいろなデメリットがあります。
そのようなとき、銀行融資以外の資金調達の手段として売掛金を活用した方法があります。
売掛金は事業を行っている限り、どんな場合でもお持ちなど思います。
その売掛金を譲渡することにより資金を調達するのです。
売掛金は期日が来れば相手方から代金を受け取りますが、譲渡することにより期日前に代金が受け取れることになります。
銀行に手形割引という資金調達手法がありますが、これは手形の期日前に銀行に譲渡(買取)することにより手形代金を期日前に受け取ることが出来ます。
売掛金の譲渡とはこの手形の代わりに売掛金を対象としているものです。
製造業、建設業、工事業、小売業、卸売業など売掛金がある限り、業種を問わず対象となります。
銀行融資とは異なり比較的簡易に資金調達を行うことが可能です。
銀行融資・資金調達にお困りの方は一度ご検討ください。

◆銀行融資・資金調達にお悩みの方へ
銀行融資が困難な場合でも売掛金を活用した資金調達がまだ残されています。
簡単な見積もりで10秒前後で資金調達の可能性がわかります。
ファクタリング事業資金調達7秒無料お見積り【トップ・マネジメント】

資金調達プロ





◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%