信用保証協会の受注対応特例を検討してみる


2016年11月05日

ホーム銀行融資・資金調達にお悩みの方へ>信用保証協会の受注対応特例を検討してみる

中小企業の資金調達の手段として信用保証協会の保証制度は広く利用されています。
中小企業が銀行から融資を受ける際に代表的な制度と言えます。
しかしながらこの保証制度は無制限ということではなく、企業の財務内容の良し悪しなどにより自ずと限度額というものがあります。
すでに相応の保証制度を利用している状況においては、追加の保証利用が困難なケースも少なくありません。
このような時に受注対応特例という制度を利用すると追加の保証が可能な場合があります。
受注対応特例というのは特定の受注に対する資金需要を対象とするものです。
例えば大手企業よりまとまった金額の工事を受注したとします。
この受注した工事に関わる資金の立替が発生する場合に、その工事代金の回収を紐付きとして信用保証協会が保証を行い、銀行からの融資が受けられるというものです。
資金使途が明確でかつ工事代金回収までの比較的短期間の保証(融資)ということで追加の保証が得られることがあるのです。
一度検討してみてください。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%