不要不急の資金も借りておくことも1つ

ホーム銀行とのつきあい方>不要不急の資金も借りておくことも1つ

銀行の融資姿勢というのは融資先の業績の良し悪しに関わらず、景気全体の動向や銀行そのものの会社としての運営方針で変化することがあります。
極端な言い方をすれば1か月前には積極的に融資提案をしていた銀行が、1か月後には融資姿勢がシビアなものに転換することがあります。
しかし融資姿勢と言うのは突然変化するものではありません。
少しずつ銀行の本部から現場に通達などの手段で、融資姿勢が厳しくなるような雰囲気を現場に伝えていきます。
これを受けて現場では少しずつ融資先に対する融資ハードルを上げていくことになります。





ところで銀行の融資現場では銀行本部の考え方に関わらず融資を増やしたいという潜在的な希望があるものです。
したがって銀行本部より今後の融資ハードルが高くなるなというようなシグナルが送られてきた時、銀行の融資現場では融資先に対してはやめの資金調達を促すことが少なくありません。
「今後融資がしにくくなるかもしれませんので、早めに資金の手当てをしてください」などと。

このようなシグナルが銀行の融資担当者や営業担当から示された場合、今は、あるいは当分は資金繰りが問題がないと思われる局面であっても、あらかじめ資金調達をして手許資金を温存しておくことも1つの考え方です。
本当に資金が必要な時に今までのようにスムーズに銀行が融資に応じなくなることも考えられますから。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達