運用するというよりも貯めるという考え方が大切

ホーム資金運用・資産管理の考え方>運用するというよりも貯めるという考え方が大切

お金を運用するというと「儲けよう」という欲が沸いてきてしまいますが、将来に必要となるお金を準備するという段階では着実にお金を貯めていくという考え方を持つようにしましょう。
利率は低いものの元本が保証されている銀行預金もあれば、高利回りを追求する投資信託など幅広く運用対象の商品が私たちの社会にはあります。
「儲けよう」という意識が強いと高利回りの商品でお金を運用したらよいということになりがちですが、実はこれは危険です。
高利回りの商品は一般的に高い利回りが狙える反面、状況によっては運用した元本がマイナスになってしまう高いリスクも併せ持っています。
高い利回りを狙ったつもりが、結果的には元本が割れてしまったということも決して少なくないのです。
これではお金を貯めるどころか逆に減ってしまうことになります。





資金運用の基本的な考え方は「着実に貯めていく」ということです。
これは絶対に大切なことなのです。
決して「儲けよう」という考えを持ってはいけません。
将来に向けてお金が準備出来る見通しがついた時点で、一か八かの「儲けよう」という考え方を初めて持つことをおすすめします。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達