お金が残ったら貯蓄しようではだめです

ホーム資金運用・資産管理の考え方>お金が残ったら貯蓄しようではだめです

お金を貯め方としては次の2つの考え方があると思います。

1.お金が残ったら貯蓄する
つまり収入-支出=貯蓄





2.まず貯蓄して残ったお金で家計をやりくりする
つまり収入-貯蓄=支出

この2つの考え方のうち、より多く貯蓄する考え方は後者の2です。
つまり最初に貯蓄に回して、残ったお金で生計費などをやりくりする方法です。
毎月の収入から支出を差し引いて残ったお金を貯蓄するやり方では毎月の貯蓄高に変動があるばかりではなく、手許にお金があるとついつい使ってしまうという方だとまったく貯まらない結果に陥る可能性があります。
そうではなく、毎月の収入からまず一定額の貯蓄を差し引いて残ったお金にて家計をやりくりするのではあれば、毎月着実に一定額を貯めていくことができ、一定の年数が経てばびっくりするほどの貯蓄高になっています。
また貯蓄を優先して残ったお金にて支出をやりくりする方法であると、毎月の計画が立てやすくなります。
ぜひ収入-貯蓄=支出の姿勢でがんばりましょう。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達