外貨預金とは

ホーム外貨預金>外貨預金とは

外貨預金とは
外貨預金とは、円貨を外貨(米ドルやユーロ)に替える等して、外国のお金で運用する預金のことです。
例えば手許の日本円の預金からいくらかの米ドルの預金にして運用することです。
日本円の預金であると日本の金利を基準とした利率になりますが、米ドル預金はアメリカの金利を基準にした利率になります。
世界には日本より金利が高い国がいろいろありますから、そういった外国の通貨の預金にすることで日本円の預金利率より高い利回りの運用が可能となることがあります。

外貨預金にはリスクがある
日本円の預金利率より高い利回りが期待出来る一方で外貨預金にはリスクもあります。
つまり外貨預金にはリターンが期待できる一方でリスクもあるのです。





外貨預金のリターンとは、金利(利息)と為替差益を足したものになります。
為替差益は為替が円安に動いた場合に発生します。
例えば現在100米ドルが手許にあるとします。
現在の1ドルが100円であれば日本円に換算するとちょうど10,000円になります。
1ドルが110円となると日本円に換算すると11,000円になります。
この1,000円が為替差益になります。
逆に1ドルが90円になると日本円に換算すると9,000円になり、当初の10,000円から1,000円のマイナスとなります。
これが為替差損という外貨預金のリスクの1つです。

もう1つ外貨預金にはリスクがあります。
それは手数料です。
最初に日本円を外貨に交換する時にはTTSレートと呼ばれる為替レートが使用されます。
そして外貨を日本円に交換する時にはTTBレートと呼ばれる為替レートが使用されます。
手数料はこのTTSレートとTTBレートに含まれています。
例えば米ドルについてTTSレートとTTBレートを説明します。
米ドルと日本円の為替レートが現在100円の場合、TTSレートとTTBレートはそれぞれ101円、99円となります。
日本円から米ドルに換える場合はTTSレートが適用されますから、1ドルにつき101円でドルを購入することになります。
今度はこのドルを日本円に換える場合にはTTBレートが適用されますから、1ドルにつき99円で日本円に交換することになります。
1ドルを101円で購入したのに、それを日本円に戻る場合には99円しか戻ってこないことになります。
これが手数料を要因とする外貨預金のリスクになります。

外貨預金にはこれらのリスクによって運用したお金について元本が割れる、つまりマイナスとなることがありますので注意が必要です。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%