延滞がある場合の住宅ローン借換え


ホーム住宅ローンの借換え>延滞がある場合の住宅ローン借換え

住宅ローンの借換えを希望しているが、今借入している住宅ローンについて過去延滞したことがある場合、借換えの審査が通るのかどうか不安になると思います。

住宅ローン借換えの申込に当たっては、銀行によって取扱が異なることもありますが、多くの銀行では住宅ローンの返済口座の過去1年間の通帳の提出を求めます。
その通帳の履歴によって延滞の有無を私たち銀行員は確認しているのです。

住宅ローン借換えの審査が通るかどうかは延滞の質と量によります。
過去1、2度、入金のするのを忘れてしまい、1日、2日ほど延滞した場合はそれほど深刻に考える必要はありません。
銀行員でも入金をし忘れ、短期間の延滞をしてしまうことは実際あります。

入金することをしばらく忘れており、借入している銀行から督促の電話や督促状がきて初めて延滞に気付き、当日か翌日に入金した場合もまず問題はないと思います。
借換えの相談時や申込時にそのことを銀行担当者に伝えれば、まず問題はないはずです。

一方で1、2日ではあるが、毎月のように延滞しているとか、一度であるが1ヶ月ほど延滞したとかいうケースは借換えの審査が厳しくなります。
このような場合は今後も延滞が発生してしまう確率が高いと考えられるからです。
このような場合は、もう1年間借換えを待ったほうがよいと思われます。
その間に実績をつけるのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト