来年度の資金は今年度の確定決算が出てから

ホーム事例別銀行融資の相談方法>来年度の資金は今年度の確定決算が出てから

先日ある精密機器メーカー(A社)から来年度の運転資金融資について融資が可能かどうか問い合わせを受けました。
資金繰りを心配しておられるため、現時点での相談になったものと考えられ、気持ちは十分にわかります。
ただ残念ですが来年度の融資が対応できるかどうかは今年度の決算が確定しないと確たることを申し上げることは出来ません。
銀行融資の審査の基本は決算分析です。
この決算分析に基づいて融資先の信用力を判断し融資の返済可能性を検討します。
決算内容が芳しくない場合には信用力に懸念が生じ、ひいては融資の返済可能性を危惧しなければならない事態になります。
したがって今年度の決算分析を行い、信用力や融資の返済可能性を見極めることが出来ない時点において将来の融資の可能性を判断することは出来ないのです。





今年度の決算が出ていない状態で銀行が答えるとしたら、それは前年度の決算と同じ状態だと仮定して、融資の検討が可能かどうか推測することぐらいです。
確たる回答をすることは出来ません。
今の時点で銀行に相談するとしたら、試算表を提出し今年度の決算見込みを説明することです。
そして来年度の資金繰り見込みについても説明を行い、融資が必要となるのかどうか、その見通しについて説明をしておきましょう。
銀行からは確たる返事は期待出来ませんが、融資可能性の見込みについては何らかとサジェスチョンを得ることが出来るかもしれません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%