赤字決算の場合、どのようにして銀行融資を相談するか?

ホーム事例別銀行融資の相談方法>赤字決算の場合、どのようにして銀行融資を相談するか?

赤字決算の場合、銀行は融資に慎重姿勢になります。
よく晴れた日には傘をさすのに雨の日には傘をささないと批判を銀行は受けますが、融資は返済されることが前提で行われます。
赤字決算の場合にはこの融資の返済可能性に疑義が生じる状況ですから、どうしても銀行は融資に慎重姿勢になってしまうのです。
ただ赤字決算だからこそ融資が必要な状況でもあります。
このような場合、どのようにして銀行に融資相談をすれば良いのでしょうか。
確実とは言えず、また赤字の状態の程度にも異なりますので参考として見てください。

まずどの取引銀行に融資相談するかですが、やはりここはメイン銀行となるでしょう。
明確なメイン銀行が存在しない場合には、日頃からもっとも多くの売上金を入金している銀行に相談してみましょう。
メイン銀行は融資先の資金繰りを支援する一定の役割を持っています。
日頃からの取引度合いが深いほどやはり他の取引銀行に比べて融資に応じる可能性は高いと言えます。
もし明確なメイン銀行がない場合には、売上金の入金をもっとも多く利用している取引銀行に相談してみましょう。
売上金の入金があればその銀行は無下には断れないものです。
日頃からの取引状況を加味して検討してくれるはずです。

相談する取引銀行が決まったら、次は今後の事業の見通しを語れるように準備しましょう。
この先も赤字の状態が続くとなるとメイン銀行と言えども融資に応じることは難しくなります。
経費削減などのリストラ策を含めてどのようにして業績の改善を達成していくのか、その内容を出来るだけ具体的に説明出来るようにしましょう。
その際、注意をしたのが文章や口頭だけの説明に留めないことです。
いろいろな業務改善策を実施した結果、それが数字としてどのように改善するのかも説明出来るように準備をしましょう。
銀行の一定の理解を得ることが出来れば、大きな金額は望めませんが資金繰りを維持するために必要最低限の融資は応じる可能性が出てきます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。