新規事業の立ち上げにために融資を受けたい

ホーム事例別銀行融資の相談方法>新規事業の立ち上げにために融資を受けたい

ある人材関係の会社より「従来の主業務であった人材関連事業が不振であり今後の将来性も見込みうすのため、業務内容を大幅に見直し複数の新規事業を立ち上げて業績の改善を行う計画である。ついてはこれら新規事業の立ち上げ・推進に必要な当面の資金の融資を受けたい」との相談があった。
結論から申し上げて銀行としては非常に融資がしづらい相談内容です。

業務内容を見直しして業績の改善を図っていくという計画自体は間違っているとは思いません。
しかしながら融資の回収リスクを負う銀行としては従来の業務内容から大幅に変更となることに加え、新規事業が本当にうまく行くのかどうか不透明な状況ではとても期待に沿えるような融資に応じることは出来ません。
少なくとも新規事業について一定の実績を見た上で融資を検討するというのが銀行の大半の対応となります。
もし新規事業が計画通りに行かなかったら、この会社は破綻してしまうかもしれないリスクがあります。
そしてこの新規事業の行く末がまったく見えない現時点では銀行は踏み込んだ融資にはどうしても対応出来ないのです。
担保がないと怖くて融資が出来ないというのが銀行の本音です。



したがって現実的な対応としてはまずは手許資金にて新規事業の立ち上げを行い、こまめに銀行にその実績を説明して、少しずつ融資を受けていくというが妥当だと考えます。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。