親戚が経営している会社の連帯保証人になっています

投稿日:

ホーム銀行融資と保証人>親戚が経営している会社の連帯保証人になっています

質問
親戚が経営している会社が信用組合と手形貸し付け取引を平成26年に行いました。
私は、経営者以外の第三者ですが、連帯保証人に嫌々ながらなってしまいました。
平成23年に金融庁から中小企業の貸付で、第三者に連帯保証人を求める事が原則禁止になったことを今知りました。
何とか、連帯保証人の解除を求めたいと考えています。よい方法はないでしょうか。

回答
類推ですが、第三者である貴殿の連帯保証が徴求されているということは貴殿の連帯保証が融資実行に必要な条件だったのであろうと思います。
つまり親戚が経営している会社の業績が良くなく、その会社の代表取締役のみではなく貴殿の連帯保証がないと怖くて融資が出来ないということです。
あるいは貴殿が親戚の会社の経営に必要不可欠な役割を負っているために、貴殿を連帯保証人に徴求したのかもしれません。

連帯保証の解除を信用組合に求めることはいつでも可能ですが、融資実行時と今の条件が変わっている、例えば親戚の会社の業績が改善しているなどの環境が必要かと考えます。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資と保証人

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.