前職の連帯保証債務について

投稿日:

ホーム信用保証協会と連帯保証人>前職の連帯保証債務について

質問
会社を設立して1年ほどになります。以前勤めていた会社が倒産し、その時の連帯保証債務が1500万有ります。現在、会社設立時に資本金として預金を全て出資しました。設立後1年は、資本金で食い繋ぎてしのぎましたが、今月とうとう資金が底をつきます。
前職の連帯保証債務を完済しないと銀行融資(保証協会等)は、無理でしょうか?

回答
設立後1年であると民間の金融機関から借入をする場合には、原則として信用保証協会の保証付融資になると思います。
前職時の連帯保証債務がおありということですが、この中には信用保証協会の保証付融資も含まれているでしょうか?
仮に含まれているとすると貴殿は現在、信用保証協会に求償債務を負っている状態になります。
信用保証協会は少なくとも求償債務が解消されない限り、新規の保証は行いません。
したがって現実的な事柄として現在の状態で銀行融資を受けることは困難となってしまいます。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-信用保証協会と連帯保証人

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.