住宅ローンの借換えで保証料を取り戻す


ホーム住宅ローンの借換え>住宅ローンの借換えで保証料を取り戻す

多くの銀行の住宅ローンはその銀行系列の住宅ローン保証会社を利用しています。
つまり住宅ローンが万一焦げ付いた場合、銀行はその住宅ローン保証会社から返済を受けることによって、銀行自身は住宅ローンの貸倒れが発生しない仕組みをとっています。
この住宅ローン保証会社の保証料は申し込んだ方が負担する仕組みになっています。

住宅ローンの利用時には諸費用がかかります。
抵当権の設定費用や印紙代など。
この住宅ローン利用時の諸費用のなかでもっとも高額なのがさきほどの保証料です。
1,000万円を30年の住宅ローンで借入する場合、おおよその保証料は19万円です。
2,000万円なら38万円、3,000万円なら57万円です。
「なぜ?」と感じつつも、銀行員に言われるがままに支払いをされている方も多いと思います。

保証料は住宅ローン実行時に一括前払いとなっています。
保証料の計算は住宅ローンを当初の契約どおり返済した場合に基づいて計算されていますから、途中で一部繰上返済をした場合は、その分の保証料は戻ってくる仕組みになっています。

保証料を取り戻すもっとも手っ取り早い方法は最近多い「保証料ゼロ」の住宅ローンに借換えすることです。
借換えする場合は、今借りている住宅ローンは全額繰上返済となりますから、前払いしている保証料の一部は確実にあなたの手元に戻されることになります。

住宅ローンの借換え時には「保証料ゼロ」の住宅ローンに借換えすることによって、既に支払った保証料を取り戻すことが出来ます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト