住宅ローンの借換えの目安


ホーム住宅ローンの借換え>住宅ローンの借換えの目安

住宅ローン借換えの目安の定番

住宅ローンの借換えの目安の定番は
・住宅ローンの残存期間が10年以上
・借換える住宅ローンとの金利差が1%以上
・住宅ローンの残高が1,000万円以上
の3つです。

住宅ローンの借換えには抵当権の抹消・設定費用や住宅ローン保証会社宛の保証料など諸費用がかかりますが、上記3つの条件をクリアしていれば諸費用を勘案しても借換えでメリットが出てきます。

定番の条件以外でも借換えのメリットが出てくる可能性あり

では上記3つの条件に該当していなければ借換えしてもメリットがないのかと言えば、そうとも言い切れません。
例えば住宅ローンの残存期間が短い場合には、各銀行が展開している金利優遇キャンペーンを活用し、非常に低利の短期間固定金利の住宅ローンが利用できる場合があります。
この場合には住宅ローンの残存期間が10年未満で住宅ローンの残高が1,000万円未満の場合であっても借換えのメリットが出てくる可能性があります。

さらには保証会社の保証料がゼロである住宅ローンも登場しています。
このような住宅ローンをうまく活用すれば、上記3つの条件に当てはまらない場合でも借換えによるメリットが出てくるケースがあります。

各銀行のホームページでは簡単に借換えのシュミレーション出来る機能が公開されています。
これらの機能を活用して借換えによるメリットが出るのかどうか一度試してみてください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト