住宅ローンの借換えで毎月の返済負担を軽減する方法


ホーム住宅ローンの借換え>住宅ローンの借換えで毎月の返済負担を軽減する方法

マイホームの購入に利用する住宅ローン。
およそ3世帯に1世帯の割合で住宅ローンは利用されています。
住宅ローンは個人としては多額の借金であり、その返済は超長期にわたるローンです。
住宅ローンを申し込んだ時には「これぐらいなら毎月返済出来る」と考えていても、長い返済期間の中では突発的なことや予想以上の出費があり当初の返済計画どおりにならないこともあります。

多くの人が住宅ローンの返済に重荷を感じています

実際多くの方が住宅ローンの返済に重荷を感じており、多くの住宅ローンの焦げ付きが日々発生しています。
住宅ローンの返済が困難になり延滞が長期化してしまえば、せっかく手に入れたマイホームを失うことにつながります。
そうならないように住宅ローンの当初の返済が困難になった場合には、何だかの手を打たなければなりません。
そして毎月の返済額を軽減し住宅ローンの延滞を回避することが、大切なマイホームを守るために必要なことです。

リスケは個人信用情報に傷がつく

住宅ローンの返済額を軽減する方法には直接住宅ローンを利用している銀行などに返済条件の変更、つまりリスケを申し入れることがありますがこの方法は正直あまりオススメできません。
というのはこのリスケは個人信用情報に傷がつくからです。
個人信用情報に傷がつけば、例えば教育費用のために教育ローンを申し込んでもほとんど場合審査が通らなくなりますし、現在利用しているクレジットカードの利用にも制限がつく恐れが多分にあります。

借換えによる返済負担軽減がもっともおすすめ

住宅ローンの返済を軽減するもっともオススメな方法は借換えにより返済期間を現在より長くして、毎月の返済額を少なくすることです。
この方法であれば単なる住宅ローンの借換えですから、個人信用情報に傷がつくこともありません。

もっとも住宅ローンの返済期間を長くするということはそれだけ支払う利息が増えてしまうというデメリットもあります。
しかしとにかく返済額を少なくすることが出来るのであれば、ある程度支払利息の増加は受け入れざるを得ないことだと思います。
また借換え後、出来るときにこまめに内入返済を行えば支払利息の増加を抑制することは十分可能です。

住宅ローンの借換えにおいては借換え後の期間は当初の住宅ローンの残存期間の範囲内と制限している銀行もありますが、そのような制限をしていない銀行もあります。
そのような銀行に住宅ローンの借換えをして返済期間を長くし毎月の返済額を少なくされることをおすすめします。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト