代表者変更による連帯保証人変更について

ホーム銀行融資と保証人>代表者変更による連帯保証人変更について

質問
現在、とある中小企業の代表社長から、
会社譲渡の相談を受けているサラリーマンです。

代表社長は友人です。友人は好きでない会社経営に嫌気を感じ、会社を廃業するか売却するかで、悩んでいるところ譲渡の話が出てきました。
会社自体は業績悪化により、三期連続で赤字になる予定ですが、落ちているとはいえ、売上自体は2億4千万程ありますので、友人親族の給料カット(退職)、従業員さんの給料カットで、赤字ではなくトントンに出来るのではと考えております。
それで、ご相談なんですが、私が代表取締役を引き受けた場合、友人を連帯保証人から外したいと考えております。
借入自体は、信用保証協会の融資ではなく、銀行からのプロパー融資になります。





通常、代表者が変われば取引銀行に保証人の変更要請が来ると思いますが、恥ずかしながら、私自身が過去に個人再生をしており、金融ブラックの状態です。
このような状態で、私自身のみの代表保証にする事に、取引銀行はOKを出すでしょうか?
友人は、連帯保証を外したいと考えており、経営から退く意向です。
借入は確か、1億5千万近くあり、二行からになります。

回答
まず連帯保証人の個人信用情報を銀行が調査するかどうかですが、これは銀行によって対応はまちまちです。
ちなみに管理者が勤務している銀行では連帯保証人の個人信用情報を調査するようなことはしておりません。
もっともプロパー融資を検討するに当たって、その連帯保証人の信用情報は調査対象としております。

さて代表者の変更に伴い連帯保証人の変更に銀行が応じるかどうかですが、これはまさにケースバイケースです。
会社の業績が順調であれば、連帯保証人の変更に銀行が応じることは比較的容易です。
問題は業績が悪い場合です。
他に不動産担保などで銀行の債権が保全されているような場合には、たとえ会社の業績が悪いとしても連帯保証人の変更に応じることは考えられます。
しかし不動産担保などの保全がなく万が一の場合には連帯保証人への請求により債権保全が依存している場合には会社の業績が悪ければ簡単には銀行は変更に応じません。
今回のケースのようない3期連続の赤字ということなると、銀行は容易には連帯保証人の変更には応じないものと考えられます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%