連帯保証債務の相続について

投稿日:

ホーム銀行融資と保証人>連帯保証債務の相続について

質問
法人が銀行借り入れを行う場合、必ず代表者が個人保証しなければなりませんが、連帯保証人は死亡すれば、第一順位、第二順位、第三順位まで相続されますか?
また第一順位で子、孫も死亡したら曾孫まで相続されますか?

回答
連帯保証人が負う保証債務は資産や借入金と同様に相続の対象となります。
従いまして連帯保証人が亡くなった場合、その保証債務は相続人に承継されます。
保証債務を相続した相続人が亡くなれば、その保証債務はさらに次の相続人に相続されていきます。
したがって連帯保証人である親が死亡した場合、その保証債務は子に相続されます。
さらに保証債務を負った子が亡くなればその保証債務はその子の子、つまり孫にも相続されていきます。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資と保証人

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.