住宅ローンの返済額を減らすには?

更新日:

住宅ローンは超長期の返済を伴う銀行借入です。
住宅ローンの契約当時は「これなら毎月無理なく返済出来る」と思っていても、その後の家計の状況の変化などで、毎月の返済負担が重く感じる時期があるはずです。
がんばってみてもやはり返済負担が重くのしかかるのであれば、住宅ローンの返済額を軽くする方法を考えねばなりません。

金利の低い住宅ローンに借換する

住宅ローンの返済額を軽減する方法は大きく3つあります。
まず1つめは金利の低い住宅ローンに借換えをすること。
住宅ローンの毎月の返済額は【元金+利息】の合計額です。
したがって金利の低い住宅ローンに借換えすることによって、利息が少なくなりますから、住宅ローンの毎月の返済額を少なくすることが出来ます。
ただ住宅ローンの借換えには抵当権の抹消と新規設定費用など所定の手数料負担が発生します。
この手数料も含めてトータルで住宅ローンの返済負担が少なくなるのかどうかをきちんと調べないと、かえって負担増になる危険があります。
このあたりは銀行の窓口や銀行のホームページなどで手軽に調べることが出来ますから、ぜひ一度利用してみましょう。

住宅ローンの借入期間を長くする

2つめは住宅ローンの借入期間を長くすることです。
住宅ローンの毎月の返済額はトータルの返済額を借入期間の月数に割ることにより決まります。
したがって住宅ローンの借入期間を今よりも長くすることにより毎月の返済額を少なくすることが出来ます。
住宅ローンの返済負担を少なくするもっとも効果の高い方法はこの住宅ローンの借入期間を長くする方法です。
住宅ローンの借入期間を長くするには現在利用している銀行等に期間延長の依頼をすることも可能ですが、これは一種の返済条件の緩和に該当しますから、優遇金利が受けられなくなるとか、追加の保証料負担が発生するなどあまりおすすめできません。
やはり住宅ローンの借換えにより住宅ローンの借入期間を長くすることがおすすめです。
ただ住宅ローンを借換える場合、借換え後の期間は原則として現在利用している住宅ローンの残存期間までとしている銀行が圧倒的です。
しかし現在利用している住宅ローンの残存期間に関わらず最長35年まで住宅ローンの借換えを認めている住宅ローンもあります。

最後は返済軽減の相談

3つめは最後の手段で現在住宅ローンを利用している銀行に返済額軽減を申し入れることです。
これはさきほども説明したとおり、金利の引き上げや各種優遇制度が受けられない、追加の保証料がかかるなどペナルティを伴いますので、上記1および2の方法が無理な場合の最後の手段と考えてください。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-住宅ローンの返済条件変更(リスケ)
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.