業況管理がしっかりしている不動産会社

ホーム銀行とのつきあい方>業況管理がしっかりしている不動産会社

銀行というところは融資をした後の融資先の業況を管理しています。
定期的に融資先にヒアリングや試算表をもらって業況管理をしています。
大半の融資先は銀行からの求めに応じて試算表などの資料を提出してくれます。
ところが一部の融資先は資料の提出などに非協力的なところがあり、融資担当者の頭の痛いところであり、以降の融資を行なわないなど継続的な取引が推進出来ません。





一方で銀行から要求しなくとも融資先より自ら定期的に業況報告をしてくれる取引先もあります。
以前に担当していた不動産会社は1ヶ月毎に試算表とか資金繰り表、不動産プロジェクトの状況が一目でわかる資料を社長自らが銀行に出向いて説明をしてくれました。

こういった融資先は銀行としても積極的に取引を推進したいと考えます。
また業況が苦しい時でも何とか支援が出来ないか、色々と銀行は考えるものです。
業況が良い時も悪い時も銀行に自ら業況報告を行うことはいざという時に銀行を味方にすることが出来ます。
今回の不動産会社の対応はぜひ参考にしてください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%