試算表は半年前のものしかない

ホーム銀行融資の受け方>試算表は半年前のものしかない

内装工事業の融資先があります。
最近は受注工事の規模が大きくなっており、これに伴い工事代金受け取りまでの立替資金負担が増加しています。
もともと資金繰りは楽な体質の会社ではなかったこともあり、一年に数回の融資申し込みがあります。

この会社からの融資申し込みで銀行の融資担当を悩ませているのが足元の業況確認です。
前期の決算がどれだけ黒字であっても融資検討時には今期の業況確認が審査には欠かせません。
足元の業況確認に広く用いられているのが試算表です。

この会社の場合、試算表は作成されてはいるのですが半年以上前のものです。
少人数でこの会社は運営されており、業績や資金繰りの管理は社長一人が対応しています。
そのために試算表作成のもとになる伝票の整理などが追いつかず、半年以上前の試算表しか作成がされていません。
人手が足りないなどといった事情は理解できるのですが、半年以上前の業況ではとても足元の状況がわかるとは言えません。
半年もあれば業況が大きく変化していることも珍しくありません。
前月までの試算表がなければならないとまでは言いませんが、せいぜい3ヶ月前の試算表はほしいものです。

この会社の場合に、半年以上の前の試算表では足元の状況を正確に把握することが出来ませんので、前月までの売上高のみ報告を受けました。
売上高のみで業況を把握することは極めて困難なのですが、前期以前の売上と比較して業況が順調なのか、それとも悪化しているのかといった大雑把な状況は把握出来ます。
ただし正確なところはわかりませんから、やはり銀行としては突っ込んだ融資検討が出来ません。
そのため申込金額までの融資には応じることが難しいところがあります。

試算表は銀行融資の申込において必須の資料とお考えください。
これがなければ銀行は突っ込んだ融資検討をすることが出来ず、十分な融資に応じることが困難となります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。