違法建築の住宅ローン

更新日:

違法建築案件に銀行は絶対に融資をしない

先日こんなことがありました。
購入予定の住宅の建物が容積率オーバーになるが、住宅ローンの融資は可能なのかと。
住宅メーカーは銀行の審査が通ったあとに増床工事をするので、審査には影響しないから安心してくれと言われたとのこと。
まず認識していただきたいのは、銀行は違法建築の物件には絶対に融資はしないということです。
住宅メーカーは銀行の審査が通ったあとに、増床工事をするので大丈夫だと言っているようですが、銀行によっては建築の完了証明を求める場合もあります。
仮に銀行のローンが実行されたあとに違法となる増床工事をしても銀行にはわからないかもしれません。
ただし将来その物件を買い替えなどで売却しようとしても、違法建築ですから売却することは出来ません。

銀行は今、内外から法令順守を求められています。
違法であることを知りながら銀行が取引に応じることは絶対にありません。
また違法建築の負担は購入者自身に覆いかぶさってきます。
増床工事をして住宅メーカーは工事が済み工事代金を受領すればそれでいいのですから。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-住宅ローンと違法建築
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.