違法建築の住宅ローン

ホーム住宅ローンと違法建築>違法建築の住宅ローン

先日こんなことがありました。
購入予定の住宅の建物が容積率オーバーになるが、住宅ローンの融資は可能なのかと。

住宅メーカーは銀行の審査が通ったあとに増床工事をするので、審査には影響しないから安心してくれと言われたとのこと。

まず認識していただきたいのは、銀行は違法建築の物件には絶対に融資はしないということです。

住宅メーカーは銀行の審査が通ったあとに、増床工事をするので大丈夫だと言っているようですが、銀行によっては建築の完了証明を求める場合もあります。





仮に銀行のローンが実行されたあとに違法となる増床工事をしても銀行にはわからないかもしれません。

ただし将来その物件を買い替えなどで売却しようとしても、違法建築ですから売却することは出来ません。

銀行は今、内外から法令順守を求められています。
違法であることを知りながら銀行が取引に応じることは絶対にありません。

また違法建築の負担は購入者自身に覆いかぶさってきます。
増床工事をして住宅メーカーは工事が済み工事代金を受領すればそれでいいのですから。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%