違法建築の住宅ローン

更新日:

ホーム住宅ローンと違法建築>違法建築の住宅ローン

先日こんなことがありました。
購入予定の住宅の建物が容積率オーバーになるが、住宅ローンの融資は可能なのかと。

住宅メーカーは銀行の審査が通ったあとに増床工事をするので、審査には影響しないから安心してくれと言われたとのこと。

まず認識していただきたいのは、銀行は違法建築の物件には絶対に融資はしないということです。

住宅メーカーは銀行の審査が通ったあとに、増床工事をするので大丈夫だと言っているようですが、銀行によっては建築の完了証明を求める場合もあります。

仮に銀行のローンが実行されたあとに違法となる増床工事をしても銀行にはわからないかもしれません。

ただし将来その物件を買い替えなどで売却しようとしても、違法建築ですから売却することは出来ません。

銀行は今、内外から法令順守を求められています。
違法であることを知りながら銀行が取引に応じることは絶対にありません。

また違法建築の負担は購入者自身に覆いかぶさってきます。
増床工事をして住宅メーカーは工事が済み工事代金を受領すればそれでいいのですから。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローンと違法建築
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.