当座貸越枠の設定はハードルが高い

ホーム銀行とのつきあい方>当座貸越枠の設定はハードルが高い

ご存知の方も多いと思いますが当座貸越という銀行融資の形態があります。
例えば極度5、000万円の当座貸越枠の設定を受けた場合、5、000万円までは原則としていつでも自由に利用、つまり融資を受けることができます。
返済は毎月決まった金額が決められているわけではなく、当座貸越枠の契約期限の範囲内でいつでも自由に返済が出来ます。
つまり利用者からすると毎月決まった返済を行う必要はなく、利息だけを毎月支払えば良いのです。
いつでも利用、つまり融資が受けられて毎月の支払いは利息のみ、お金が入ったら自由に返済をすことが出来るということから融資を受ける側にとってもとても便利な融資制度です。

一方、銀行側からするといつでも融資対応出来るように準備を常にしておかなければなりません。
また毎月、決まった返済がないため最悪の場合、当座貸越の利用額全額が貸倒になってしまう危険があります。
したがって銀行からすると当座貸越という融資制度はあまり積極的には推進出来ないということになります。
では銀行はどのような取引先に当座貸越を許容するかというと、まずは担保が十分に確保されている先です。
担保が十分に確保されていますから、万が一の時も貸倒の心配がありません。

では無担保にて当座貸越を許容する場合はどうでしょうか。
これはまずは財務内容が良好で信用状態に問題がない取引先です。
さきほども説明にしたように当座貸越は万が一の時、貸倒の危険性が高い融資制度です。
したがってこのような危険性が高い融資制度を許容するには、融資先の信用状態が良好で貸倒の危険性が小さいことが大前提です。
それと銀行側からして取引を拡大したい融資先ということです。
当座貸越という融資制度は利用者側からすると非常に便利な融資です。
ですからこのような利便性の高い融資を許容することでその融資先との取引拡大のテコにしたいと
考えるのです。

銀行から当座貸越の提案があればそれは銀行から取引をもっと拡大したいという熱いシグナルなのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。