預金がもっとあれば融資出来るのに

ホーム銀行とのつきあい方>預金がもっとあれば融資出来るのに

銀行融資の審査の場においてしばしば「この先はもっとうちに預金を置いてくれていれば融資が出来るのに」と感じることがあります。
取引先より融資の相談を受けた時、その取引先の業績を確認し一次的に融資可否の目安をつけますが、その先の判断材料として取引振というポイントがあります。
取引振とは融資取引以外の預金取引や振込取引、外為取引などを言いますが、融資審査において重要な項目となるのは預金取引です。
どれ程度の預金を当行に置いてくれているのかという点です。
これは融資可否の判断に意外に大きな影響を持っています。





一例をあげて説明します。
ある会社より無担保にて3、000万円の融資申込がありました。
業績は悪いとは言えないまでも決して行け行けドンドンの状態ではありません。
無担保で3、000万円の融資を決定するには業績だけでは判断がつきません。
何か1つ拠り所となる材料がほしいところです。
その拠り所となる材料の代表例が預金量の水準です。
この会社が当行に預けている預金の平均残高はだいたい500万円くらいでした。
これがもし2、000万円程度の預金平残があれば無担保3、000万円の融資可否には大きな追い風となる判断材料となっていました。
しかし残念がながら500万円では無担保3、0000万円の融資には踏み込めません。
この会社は全体では5、000万円程度の預金は保有しているのですが、残念ながら特定の取引銀行に預金はほぼ集約されていました。
他行にある預金は融資判断において追い風となる判断材料にはなりません。
あくまでも当行にある預金量です。

上記の例のようにもう少し預金をおいてくれていれば融資が出来る案件は少なくありません。
他行との取引もありますから他行にも預金を置いておくことが必要でしょう。
しかし他行の中には融資取引がない、あるいは信用保証協会の保証付融資しかないというところもあるのではないでしょうか。
そのような銀行に預金を置いていても融資という資金調達力には影響がありません。
プロパー融資を出してくれている銀行に預金をなるべく厚く置いておくことでさらなる融資が受けやすくなるのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%