住宅ローンを複数の銀行に同時に申し込むのは避けましょう

ホーム住宅ローンの複数申込み>住宅ローンを複数の銀行に同時に申し込むのは避けましょう

住宅ローンを申し込む場合、多くの銀行等に申し込む方が時々いらっしゃいます。
住宅ローンは銀行によって金利をはじめ諸条件が異なりますから、申込して審査がOKとなった銀行の中で、一番条件のよいところを選ぶためかもしれません。

また多少審査に自信がなく、予備的にいくつかの銀行に申し込む人もいらっしゃることでしょう。

住宅ローンを複数の銀行に申し込むことのデメリット

多くの銀行に申し込むことはある面、意味のあることかもしれませんが、つぎのことに注意をしてください。

それは個人信用情報機関に申し込んだ事実の記録が残ることです。
銀行はローンなどの融資審査においては、必ず申込をした人の個人信用情報を照会するとともに、申込があったことを信用情報機関に登録を行っています。

照会したところ、いくつもの銀行に申込をしている事実があった場合、どう思いますか?
銀行の融資審査というのは楽観的には考えません。
悲観的に考える傾向があります。

いくつもの銀行に住宅ローンを申し込んでいるということは、断られたから、うちの銀行の申込をしているかもと考えてしまいます。
これは申し込んだ人にとっては損です。

住宅ローンに限らず、カードローンや教育ローンなどでも同じことです。
私のところの銀行では一定期間に一定数以上のローンの申込をしている事実があった場合、それだけでローンの審査は通りません。

ローン商品の比較は銀行の窓口で問い合わせる程度にしたほうが無難です。
仮に複数の銀行にローンを申し込むとしても2、3程度にとどめておいたほうがよいと思います。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

急を要する資金繰り対策に!
お申込は簡単!必要事項を入力するだけ!【エフワン】
スピード審査で最短30分!SGファイナンス