売掛債権を担保にした融資制度


ホーム銀行融資と担保>売掛債権を担保にした融資制度

銀行融資の担保の代表例は不動産や有価証券、預金です。
無担保扱いにて銀行融資が受けられれば問題はないのですが、融資の金額ボリュームや業績如何によっては無担保での融資が難しい場合も多くあります。
ただし不動産などの担保がないから銀行融資を諦めざるをえないと考えてしまうことも多いと思います。
そんな時、売掛債権を担保にすることで融資が受けられる可能性があります。
売掛債権はどのような事業でも発生するものだと思います。

もっとも売掛債権があれば必ず担保になるわけではありません。
担保ということですから万が一の時にはその債権が銀行に譲渡されることになります。
したがって譲渡することが禁止されている債権はこの売掛債権担保融資の対象とはなりません。
譲渡禁止がなされていない売掛債権が銀行融資の担保の対象となります。

そして銀行の担保の取り方としては売掛先に譲渡の承諾を求めるのが原則ですが、承諾を求めるということは相手先に担保となることがわかってしまいます。
これは借りる側としては売上先に担保にして融資を受けることがわかってしまいますから、避けたいというのが本音だと思います。
そこで債権譲渡を登記することで銀行が担保に取る方法があります。
この登記による担保取得が一般的ではないでしょうか。
売掛先が登記を見にいけばわかってしまいますが、まず登記を見にいくようなことはしませんから、実態としては売掛先に知られることなく担保提供をして銀行融資が受けられるます。

担保がないと銀行融資を受けることが難しい場合には一度この売掛債権担保の融資を検討し銀行に相談してみてください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト