父の会社と父個人の借入の連帯保証について

ホーム銀行融資と経営者の関係>父の会社と父個人の借入の連帯保証について

質問
はじめまして、お忙しい中申し訳ありません。何卒よろしくお願いします。
父の会社と父個人の借入の一部約6千万の連帯保証人になっています。
別途利息が年1千万ほど発生し、現在利息が8千万、合計1億4千万となっています。

父の会社とは別に自分の会社を経営しており、借入が8千万ありますが、返済も滞りなくがんばっており、あと6年で完済予定です。父の会社の借入先と私の会社の借入先の金融機関は全く別で、企業同士の取引もありません。なんとかやりくりしてますが、厳しい資金繰りが続いているので私の資産もほとんどありません。

質問としては、父の会社と父が破産することになった場合、連帯保証分1億4千万はとても払える金額でないので自己破産を考えていますが、自社の借入分の連帯保証人にもなっているので自社の借入先の金融機関から連帯保証人としても能力がないと判断され、借入残の一括回収をされるのではと恐れています。

家内がいるので代表と連帯保証人の変更は了解してもらってますが、銀行に相談したら
一括返済とならないかと怖くて相談にいけません。

ちなみに父の会社と個人の借入先は信用金庫1社となり、私の会社の借入先は地銀のなっております。





何か対応策がありましたらご教授お願いします。
何卒よろしくお願いします。

回答
ご質問を拝読しました。
悩ましい問題ですね。

まず貴殿が自己破産した場合ですが、そもそも貴殿の取引銀行にその事実がわかってしまうかどうかですが、銀行間で情報交換はしていませんので、貴殿の取引銀行には知られない可能性があります。
ただ何だかの事情で貴殿の取引銀行が自己破産の事実を知る可能性もありますので、以下では知った場合を前提としてお答えします。

連帯保証人が自己破産をした場合、銀行は貴殿の会社に融資を一括返済するように請求する権利を持ちます。
ただ権利を銀行が持つだけで実際に請求を行うかどうかは別です。
銀行としては一括返済を求めることは簡単なことですが、請求したからといって融資が全額回収出来る保証はありません。
貴殿が自己破産したことによって債務者である会社の業績や信用面において今後どのような影響があるのかを見定めた上で最終的に一括返済を求めて法的な回収手段に入っていくのかどうかを判断します。

ご質問の中で会社の代表者と連帯保証人を貴殿の奥様に変更する案も提示されておりますが、これは率直に申し上げて無意味です。
貴殿の会社はあくまでも貴殿が中心で運営されてきたものだと思います。
仮に奥様に代表権を譲っても会社はあくまでも従来どおり貴殿が中心となって運営されていくものと思われます。
実態がどうなのかを銀行は見ており表面的なことは問題ではありません。

今後の対応ですが、さきほども申し上げましたように貴殿が自己破産しても銀行が一括返済を求めるとは限りません。
あくまでも債務者である会社の状況を見定めた上でのことです。
したがってベストな対応案としては会社の業績等がどうなるのか、貴殿の自己破産の影響はどうなのかをきちんと取引銀行に相談されて、仮に会社の業績に影響がないのであればそのことを真摯に伝えることだと思います。
銀行側としても会社の業績等に影響はなく、返済も今後とも従前のように履行されていくということであれば、一括返済を求めることはないと考えます。
ただ新規の融資を受けることは困難となります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%