不動産会社が斡旋(提携)する住宅ローンを利用しなければならないか?

更新日:

業者提携ローン

よくあることですが、住宅を購入しようと不動産会社に相談し、その不動産会社から住宅を購入しようとすると、不動産会社より特定の銀行の住宅ローンをすすめられると思います。
これは銀行と不動産会社とが提携しているのです。
つまり融資をする銀行としては、銀行窓口でお客さんが相談に来られるのを待つよりも、不動産会社からお客さんを紹介してもらったほうが営業効率が格段に上がります。
また不動産会社側としては、提携している銀行に住宅ローンを相談したほうが短時間で銀行が結論を出してくれますので、お客さんにスピーディーに対応でき、成約に至る可能性が高くなります。
銀行ではこの種の提携住宅ローンのことを業者提携住宅ローンなどと呼んでいます。
他の銀行との競争もありますから、通常業者提携住宅ローンは通常の窓口で扱っているものよりも、金利が優遇されています。
ですから不動産会社から紹介される住宅ローンは条件面でも有利なことが多いですし、銀行への住宅ローン申込み対応も不動産会社が大半を行ってくれますから楽なことも事実です。

他の住宅ローンを利用しても構わない

でも不動産会社から紹介される提携住宅ローンではなく、他の住宅ローンを利用したい、あるいは探してみたいという方も当然いらっしゃると思います。
時々不動産会社から紹介された住宅ローンを利用しないといけないのかという質問をいただくことがありますが、利用しないといけないということはありません。
別にご自身が希望するほかの銀行等の住宅ローンを申込みしても何ら問題はありません。
住宅ローンが個人にとっては非常に大きな金額の借入ですし、超長期にわたる借入です。
そしてもっとも大切なことは返済するのはあなた自身だということです。
返済が厳しいからといって、購入した不動産会社が助けてくれることはありませんし、提携住宅ローンを利用した銀行が通常の住宅ローンよりも甘く対応してくれるということは全くありません。

ご自身が納得する住宅ローンを選ぶことが大切です。
業者住宅ローンは、銀行側は手っ取り早くお客さんを見つけるため、不動産会社としては手っ取り早く不動産を売却して売上を上げるために存在するという側面は正直あります。
銀行としては住宅ローンが実行できればよし、不動産会社は物件を売却して売上があがればよし、なのです。
繰り返します。
住宅ローンを借入した後、長期間にわたって返済しなければならないのはあなた自身だけです。
納得いく住宅ローンを選びましょう。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-住宅ローンと不動産会社
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.