銀行員への技術力の説明の仕方

投稿日:

ホーム銀行融資の受け方>銀行員への技術力の説明の仕方

銀行融資というと担保がないと融資が受けられないといったイメージがいまだにあります。
銀行も担保に依存した融資判断が久しく続いていました。
担保に依存した融資判断はいまだにありますが、一方で担保に依存しない融資判断が昨今はもとめられています。
事業力評価融資などと呼ばれていますが、要するに融資先の事業内容や強みに着目し将来性を評価した上で融資の判断を行うことだろうと考えています。

ところがですがその事業力の評価を行う銀行員は実は取引先の技術力などの事業力への理解度が相当低いのが実情です。
簡単に言えば事業力とか技術力が高いなどと言われても、具体的にどのように高いのか強みがあるのかをなかなか理解出来ていないのです。
銀行員の知識の向上が必要であることは当然ですが、現実的な対応として自社の事業力や技術力などを説明する際には、業界の専門用語などは使わずに平たい言葉で銀行員に伝えてください。
そして自社で製造した物が最終的にどのような製品に使用されているのか、またどのような先に販売をしているのかを説明してください。
事業力や技術力の高さがわからない銀行員であっても、「あの製品に使われているのですかー」「あの会社に販売をしているのですかー」ということになれば「この会社の技術力は高いんだ」と理解することが出来るようになります。
そして自社の事業力や技術力が高いということが銀行員に理解させることができれば、今まではハードルが高かった銀行の融資姿勢を緩和させる効果も期待出来ます。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資の受け方

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.