銀行員への技術力の説明の仕方

ホーム銀行融資の受け方>銀行員への技術力の説明の仕方

銀行融資というと担保がないと融資が受けられないといったイメージがいまだにあります。
銀行も担保に依存した融資判断が久しく続いていました。
担保に依存した融資判断はいまだにありますが、一方で担保に依存しない融資判断が昨今はもとめられています。
事業力評価融資などと呼ばれていますが、要するに融資先の事業内容や強みに着目し将来性を評価した上で融資の判断を行うことだろうと考えています。

ところがですがその事業力の評価を行う銀行員は実は取引先の技術力などの事業力への理解度が相当低いのが実情です。
簡単に言えば事業力とか技術力が高いなどと言われても、具体的にどのように高いのか強みがあるのかをなかなか理解出来ていないのです。
銀行員の知識の向上が必要であることは当然ですが、現実的な対応として自社の事業力や技術力などを説明する際には、業界の専門用語などは使わずに平たい言葉で銀行員に伝えてください。
そして自社で製造した物が最終的にどのような製品に使用されているのか、またどのような先に販売をしているのかを説明してください。
事業力や技術力の高さがわからない銀行員であっても、「あの製品に使われているのですかー」「あの会社に販売をしているのですかー」ということになれば「この会社の技術力は高いんだ」と理解することが出来るようになります。
そして自社の事業力や技術力が高いということが銀行員に理解させることができれば、今まではハードルが高かった銀行の融資姿勢を緩和させる効果も期待出来ます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。