預金平残は無担保融資許容額の目線

ホーム銀行融資の審査に関すること>預金平残は無担保融資許容額の目線

銀行が無担保融資を許容するかどうかは第一義的には財務内容の良し悪しによって決めています。
そして財務内容や融資先の規模に応じてどの程度までの無担保融資が可能なのかどうかについて一定の限度額のようなものを決めています。
しかしこの限度額の範囲内であれば比較的容易に銀行が無担保融資を許容するということではありません。

例えば財務内容や規模から5、000万円までは無担保融資が可能な取引先があるとします。
この取引先には現在無担保融資はないとして、今回5、000万円の無担保での融資申し込みがあったとします。
形式的には申し込み金額の5、000万円の無担保融資は可能です。
その上で銀行が本当に5、000万円の無担保融資に応じるかどうかはその他の要因を考慮して決めるわけですが、このその他の要因のなかで大きなウエイトを占めているのが預金平残です。
この預金平残は取引先全社ベースのものではなく、もちろんうちの銀行に預けている預金の平残です。
預金平残が5、000万円以上の状態がずっと続いているのであれば、ほぼ文句なしに5、000万円の無担保融資を銀行は実行します。
逆に預金平残が数百万円程度であれば、とても5、000万円の無担保融資に応じることはなく、せいぜい1、000万円か2、000万円程度が限界でしょう。



日頃の取引銀行との取引状況からこの銀行は信用保証協会の保証付融資しか貸してくれないと感じるのであれば、その銀行の預金平残は気にする必要はないでしょう。
無担保融資が期待出来る取引銀行があれば、その銀行に預金を厚めに置いておくといざという時に無担保融資が期待出来ます。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。