実質同一債務者とは

投稿日:

ホーム銀行融資の基礎>実質同一債務者とは

実質同一債務者とは例えばA社とB社を実態は同一の会社と見なして、融資の検討においてA社、B社単体で考えるのではなく、両社合算でいくらの融資が可能なのかどうかを判断します。
A社から3、000万円の無担保融資の申し込みがあったとしても、すでにB社に5、000万円を超える無担保融資を実行しており、両社を合算で考えてもうA社に無担保融資を実行することは困難などと判断をします。

実質同一債務者かどうかを判断する根拠としては形式的なものと実質的なものがあります。
形式的な条件としては社長が同一であるとか、50%以上の資本関係があるなどです。
また実質的な条件としては仮に社長が別人であったとしても、特定のオーナーが両社を実態として支配していると考えられる場合とか、一方が製造会社、一方が販売会社の位置付けになっており、一方に万が一のことあれば別の一方にも多大な影響があると考えられる場合などです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資の基礎

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.