自己資本(純資産)

ホーム銀行員は決算書のここを見ている>自己資本(純資産)

銀行員は決算書を見たとき、まず最初に貸借対照表の自己資本(純資産)の部分を見ます。
貸借対照表の右下の部分です。
この自己資本(純資産)がプラスの場合には、その会社は資産の方が負債よりも多いことを表しています。
逆にマイナスの場合には債務超過といって資産よりも負債の方が多いことを表しています。
債務超過ということはその会社が出来てから現在に至る総合計の結果として赤字であったことを示しており、融資を行う銀行としては非常に慎重な判断を行うことになります。
すでに融資取引のある会社であればまだしも、まったく取引のない債務超過の会社から融資の申し込みを受けた場合、銀行としてはまず融資をお断りすることになります。

自己資本の部はその会社の利益体質を物語る何よりの材料として銀行員は最初にチェックするところです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。