自己資本(純資産)

投稿日:

ホーム銀行員は決算書のここを見ている>自己資本(純資産)

銀行員は決算書を見たとき、まず最初に貸借対照表の自己資本(純資産)の部分を見ます。
貸借対照表の右下の部分です。
この自己資本(純資産)がプラスの場合には、その会社は資産の方が負債よりも多いことを表しています。
逆にマイナスの場合には債務超過といって資産よりも負債の方が多いことを表しています。
債務超過ということはその会社が出来てから現在に至る総合計の結果として赤字であったことを示しており、融資を行う銀行としては非常に慎重な判断を行うことになります。
すでに融資取引のある会社であればまだしも、まったく取引のない債務超過の会社から融資の申し込みを受けた場合、銀行としてはまず融資をお断りすることになります。

自己資本の部はその会社の利益体質を物語る何よりの材料として銀行員は最初にチェックするところです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行員は決算書のここを見ている

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.