売上高の推移

ホーム銀行員は決算書のここを見ている>売上高の推移





銀行員は売上高の規模に加えてその推移を見ています。
5年前あるいは10年前から現在に至るまでの売上高の推移です。
これで銀行員は何を見ようとしているのかといえば、その会社のトレンドを見ているのです。
売上が拡大基調なのか、それとも縮小基調なのか。
融資を検討するにおいて売上が縮小基調、つまりジリ貧の状況であればやはり融資は控えるようになります。
逆に売上が拡大基調にあれば、前向きに融資を検討しても良いのではないかと考えます。
もちろん売上高だけで融資の可否判断を行うわけではありませんが、その会社を見る上で伸びている会社なのか、それとも衰退している会社なのかは銀行員として見極める必要があります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達