売上高の推移

投稿日:

ホーム銀行員は決算書のここを見ている>売上高の推移

銀行員は売上高の規模に加えてその推移を見ています。
5年前あるいは10年前から現在に至るまでの売上高の推移です。
これで銀行員は何を見ようとしているのかといえば、その会社のトレンドを見ているのです。
売上が拡大基調なのか、それとも縮小基調なのか。
融資を検討するにおいて売上が縮小基調、つまりジリ貧の状況であればやはり融資は控えるようになります。
逆に売上が拡大基調にあれば、前向きに融資を検討しても良いのではないかと考えます。
もちろん売上高だけで融資の可否判断を行うわけではありませんが、その会社を見る上で伸びている会社なのか、それとも衰退している会社なのかは銀行員として見極める必要があります。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行員は決算書のここを見ている

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.