銀行融資と資金調達の多様化

ホーム資金繰り改善マニュアル>銀行融資と資金調達の多様化

工場移転の設備投資を計画しているある中小企業についての話です。
新工場の新築や機械の買い替えなどで総額1億円をかけた設備投資です。
この会社は当行が主力銀行であり当行からの提案もあって、設備投資資金の融資の手続きが進んでいます。
総額1億円の設備資金融資は今回可能なのですが、今後新工場への移転時に引越費用などの発生が見込まれるために、その際には追加の融資希望の話も受けています。
正直なところ、今回の1億円の融資は「無理をして」審査を通しているために引越費用の融資はきつい状況です。
そのために設備投資の一部はリースを利用して、融資額をその分だけ抑制をし引越費用の融資の余力を残しておくようにこの会社には具申をしました。
しかしリース料率が高いために融資の方がコストが低いと否定的な反応を当社から受けています。





確かに融資の方がコストが低いのは事実かもしれません。
ただ考え方としては次の融資、つまり資金調達の可能性を残しておくために多少割高であってもリースを活用する方が経営においてもっとも大切な資金繰りの確保の点からは得策とも言えます。
つまりリースは資金調達を多様化する一つの手段なのです。
銀行融資の金利とリース料率をただ単に比較してどちらが安いかという議論ではなく、資金調達を多様化し資金繰りの安定化をより強化することの方が実は経営にとって重要であることは少なくないと思います。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達