借入金は何に使われているか

ホーム銀行員は決算書のここを見ている>借入金は何に使われているか

銀行員は貸借対照表を見て借入金がある場合、その借入金が何に使われているかを検証しています。
借入金が何に使われているかですが、銀行融資の観点からは運転資金、現預金、有形固定資産以外に借入金が使われていないかどうかを検証します。
そのため借入金の使い道は運転資金→現預金→有形固定資産の順に使われているものとして検証をしていきます。

例をあげて説明します。
ある会社の借入金が合計で3億円あるとします。
この3億円はまず優先的に運転資金に使われているものとします。
運転資金は【売掛債権+在庫】ー【買掛債務】で求めることができます。
仮に上記計算資金で求められる運転資金が1億円であった場合、借入金の3億円はまずは運転資金に1億円使われているものと考えます。
次に現預金が5、000万円の残高であった場合、借入金は現預金として5、000万円プールされているものと考えます。
ここまでで借入金3億円は運転資金に1億円、現預金に5、000万円、合計1億5、000万円が使われていると考えます。
残りは1億円5、000万円です。

次は有形固定資産です。
有形固定資産が5、000万円であった場合、借入金3億円のうち5、000万円は有形固定資産に使われているものと考えます。
さて運転資金、現預金、有形固定資産で合計は2億円となります。
つまり借入金3億円のうち2億円はこれらの項目に使われているものと考えます。
残り1億円はどこに行ったのでしょうか。
銀行融資の観点からはこの残り1億円円の使い道が問題となります。
運転資金や現預金、有形固定資産はいずれもその会社の事業に関わる使い道です。
銀行融資がこの事業に関わる使い道になっている場合には問題はありません。
しかし今回の例の残りの1億円は事業に関わるもの以外に銀行融資が使われているものとなります。
これを銀行員は懸念するのです。
例えば貸付金とか有価証券への投資等に借入金が使われている場合、往々にしてこれらの使い道に資金が固定化してしまい資金繰りを圧迫する要因となります。
銀行融資は当然、返済してもらわないといけませんから、資金が固定化してしまう使い道に流れていることを懸念するのです。
これらの項目に多額の銀行融資が流用されている場合には、追加の銀行融資に応じないこともあります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。