銀行融資は3月と9月が受けやすい時期


ホーム銀行融資の交渉>銀行融資は3月と9月が受けやすい時期

3月は銀行の決算月、9月は銀行の中間決算月に当たります。
銀行の本部は1年間の目標を現場である各支店に示達しているわけですが、3月と9月はその成績の締め月として各支店では総力をあげて目標達成に向けて日々営業活動を展開します。
もちろん3月と9月以外も営業活動を展開しているわけですが、やはり締め月となる3月と9月は力の入れようが自ずと違ってきます。
銀行本部から支店に示達される項目は多種多様ですが、その中には当然融資金額も含まれています。
支店に示達される目標は相当に高い目標であり簡単に達成出来るようなものではありません。
3月もしくは9月までに目標が達成されるということはまずなく、不足分を何とかして3月、9月に達成しようと走り回るわけです。

このような動きの中でなかなか簡単には融資が出来ない案件であっても、目標までまだ成績が不足している状況下では、「この前は融資を謝絶したけれども、数字が足りないから融資を取り上げるか」といった判断は本当によくあることなのです。

別にテクニックということではありませんが、以前銀行から融資を断られた場合には、3月や9月に相談をすると、以前の状況と変化はなくても融資が可能となることがあります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト