住宅ローンのフラット35は保証会社の審査がない?


ホームフラット35>住宅ローンのフラット35は保証会社の審査がない?

住宅ローンのフラット35というのは、銀行等の金融機関が取り扱った住宅ローン債権を住宅金融支援機構に譲渡したり、あるいは銀行等の金融機関が住宅ローンを実行するにあたり、住宅金融支援機構が保険を引き受ける仕組みにより成り立っている長期固定金利の住宅ローンです。

通常の民間の銀行住宅ローンの場合、住宅ローンの保証会社の保証を付与するのが通常ですから、住宅ローンの利用に当たっては保証会社に支払う保証料の負担が発生します。

しかしフラット35では保証会社の保証を利用することはありませんから、保証会社の審査や保証会社への保証料の支払も発生しません。
保証会社への保証料が発生しないこともメリットの1つですが、実は保証会社の審査がないことも大きな特徴ではないかと思います。

1つの例で説明します。
住宅ローンを申し込む人が消費者金融から借入があるとします。
通常の銀行住宅ローンでは必ず保証会社の審査があります。
銀行は消費者金融系列の個人信用情報機関に加盟していませんから、消費者金融の利用の有無は延滞していない限り知ることは出来ませんが、保証会社は消費者金融系列の個人信用情報機関に加盟しているところがあり、延滞していなくても消費者金融の利用があることはわかってしまいます。

この保証会社の審査がないということは、延滞していない限り消費者金融の利用がわからないということです。
しかし延滞していれば、その事実は銀行でもわかりますから、まずフラット35の審査が通ることはないと考えられます。

いずれにしても返済する義務があるのはあなたです。
消費者金融の利用で足を引っ張られないように気をつけることが大切です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト